笑顔でカメラを構える女性

空撮の活用

釣り場に行くときには十分に確認

魚釣りをする人にとっては、様々なところに紹介されている釣り場情報を利用する機会は多いものです。特に初めての釣り場に行く場合、事前に周辺の地図や、写真で状況を頭に入れてから行くものです。なんとなくの感覚で行くと、釣り場に到着できないばかりではなく、危険なところに入り込んでしまう場合さえあるのです。特に空撮の写真が掲載されているような釣り場紹介記事であれば、実際の状況を想像しやすく、実際その場に行ったときに、戸惑いもなくスムーズな移動ができるものです。実際に磯釣りをする人の場合、この空撮を利用している人は多くいるもので、釣り場の根の位置まで把握できる、この空撮を基に新規ポイントを開拓する人も少なくありません。

空撮の情報は最新版であることを確認

空撮写真を見るときに一番気を付ける必要があることは、その写真がいつとられたものであるか、ということです。土地の利用状況というものは、時代と共に変化するものです。あったはずの店舗がなくなっていたり、あったはずの家がなかったり、ということはよくあることで、戸惑うことも発生するものです。こういうことは仕方がないこととして、あらかじめ理解しておけば、戸惑うことはありません。特に海の場合は、新しい防波堤ができていたり、埋め立てが進んだりということもあるので、臨機応変に対応することが大事です。そして、一度そういった場面に遭遇した場合には、空撮上にメモをしておけば、次の釣行の時に、他の人よりも有利にことを進めることができます。