笑顔でカメラを構える女性

介護用のエプロン

通信販売は介護洋品も安く買えます

私は随分昔になりますが、祖父が入院する前に介護を手伝ったことが有りました。ほとんど母がしていましたが、身体の大きな祖父の入浴や着替えは大変でした。自分の服も汚れるし、動き易い服装でやらないと洗濯物ばかり増える始末でした。近年は、通信販売で介護用エプロンや白衣等、介護用品が格安で買えて便利な時代になりました。介護用エプロンは、介護を受ける人が食事をする時に付ける物も色々有ります。使い捨てタイプの物や丈夫で長持ち等、金額もタイプも多種多様です。一日に何度も洗濯をすることを考えると、使い捨てタイプの介護用エプロンは高い物では無いと思います。白衣というのは、主にナースや医者や病院関係者が着用する衣服ですが、近年はピンクやブルー等色も鮮やかで、病院によってはデザイナーズブランドを取り入れているところも有ります。

自分の体験を振り返り、感じたこと

介護をする側の介護用エプロンは、台所仕事をするエプロンとは違い、表面にボタンや紐が無いので引っ掛けたりする危険も無いし、動き易いということが最大のメリットだと感じます。私は、クリニックでのアルバイトの経験が有りましたが、看護師さんはピンクの上下の白衣で、医者はブルーの白衣でした。私は助手と受付でしたが、ピンクのワンピースで白い襟の白衣にピンクのエプロンを付けていました。働く側も、何だか可愛いデザインで皆さん制服はとても気に入っていました。病院という場所は、悪い気が集まり気分も暗くなりがちですが、働く人のテンションが上がり明るい雰囲気になると、患者さんも安心すると思います。私も、だんだん親が高齢になっているので、介護用品が必要な時が来ると思います。その時は、このような便利な物を利用したいと思います。